2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
オオワシ 2017 - 氷上でストレッチ
- 2017/02/17(Fri) -
2月中旬の青い森の国は一部の地域を除いて小雪で、過ごしやすい日々ほ送っています。
今日は、気温が10度位まで上昇する予報が出たことから、オオワシさんに会いに津軽路へ針路をとりました。

一面氷結していた水辺もすっかり融けて、小さな範囲で薄い氷が残っているばかりです。
オオワシさんを探していると、どこからか飛んできて氷結面に降りて来ましたが、その後いっこうに動きません。

しびれを切らしているのは撮影者ばかりでないようで、オオワシさんもストレッチを始めるようです。
2017-オオワシ (氷上)

さぁー 、壮観なストレッチの始まりです。
2017-オオワシ (氷上) (1)

跳ね上げる翼はすごい迫力です。
2017-オオワシ (氷上) (2)

全身で大きな力を使ってのストレッチはマックスに達しています。
2017-オオワシ (氷上) (3)

一瞬の壮観なストレッチが終了しました。 如何でしたでしょうか。
2017-オオワシ (氷上) (4)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB - 500mm
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 638mm F4.47
手持ち撮影

この記事のURL | オオワシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオワシ 2017 - 驚異の大迫力
- 2017/01/10(Tue) -
2017年1月上旬の青い森の国では、積雪 0cmで10年ぶりだそうです。
天候は快晴、風なし、気温-2度の好条件のもと、津軽路へ繰り出しました。

目的はオオワシに会える気が十分に期待できる日だと思ったからです。

愛車で走行中、民家の間から黒く大きな物体が見え隠れするではありませんか。
ゆっくりと進んで行くと、オオワシです。やっ---た。50m先の背の低い電柱の上でくつろんでいます。

まずは、飛ばれる前に車の中から証拠写真を数枚撮影して降車、40m 30m 25mと近づいて行きました。
オオワシ 2017 (1)

25mの近距離でもいっこうに飛びそうにありませんが一般車両が走行すると、あっ 飛びそうだ。
オオワシ 2017 (2)

いや、飛ばない。 ??????  撮影者を威嚇してきました。 違います ストレッチかな ?????

驚異の大迫力です 鋭い目、黄色の大きな嘴、太い足、大きく跳ね上げた翼、 さすが日本最大の猛禽
オオワシだ。 
オオワシ 2017 (3)

距離 25m、APS-C機のDXモードの手持ち撮影ではファインダーから外れてしまうほど大きな体長です。

飛行中の雄姿も魅力がありますが、止まっていて羽を大きく跳ね上げている姿は迫力満点です。
オオワシ 2017 (4)

ストレッチ ??? が終わりましたが、またもったりモードに入りました。
オオワシ 2017 (5)
上記は全てノートリです。

最後に顔と足部を拡大してみました。迫力があるでしょう。
オオワシ 2017 (6)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  AC2 - 500mm
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 632mm F4.43
手持ち撮影
この記事のURL | オオワシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニホンリス - 2016
- 2016/10/19(Wed) -
2016年の里クルミは極端な凶作で、毎年実に期待してやってくるリスさんも困ってしまうでしょう。
しかし、クルミ畑の端に自然に自生した山クルミには少しだけ実が生っていました。

その山クルミの実をリスさんは見逃すはずはありません。早速やってきました。
この実にしよう

山クルミの実を咥えて食事場所へ走るリスさん。
山ぐるみを食事場所へ運ぶ

食事をする場所は決まっているようで、豪快に実の皮を剥いでいます。
山ぐるみの食事中

こちらは近くの公園にいたリスさんですが、撮影者が確認する前から気が付いているようで、まず、先に逃げていきます。
誰か来た・・・

逃げた場所は高い赤松、樹の上からこちらを確認していました。
不審者確認
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 71FL-400mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 510mm F4.53
手持撮影
この記事のURL | ニホンリス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン - 2016 火の鳥 森と共に
- 2016/07/02(Sat) -
今年のアカショウビンは「青い森の国」に渡って来たのが大変早くて5月初旬のようです。
しかし、その後低温が続いたためか、活動が思わしくなく、私が撮影出来たのは6月下旬になってからでした。

苔生す太枝を歩く姿のアカショウビン。
2016- アカショウビン (2)

餌のモリアオガエルでも見つけたのか、いま飛び出そうとするアカショウビン。
2016- アカショウビン (4)

小枝の上でくつろんでいるようなアカショウビン。しかし、眼光だけはしっかり輝いています。
2016- アカショウビン (1)

くの字に曲がった太枝に止まり、餌でも探しているようです。
2016- アカショウビン (3)

大好物であるモリアオガエルを捉え、美味しそうに食事するアカショウビン。
2016- アカショウビン
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 850mm F4.47
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ-2016 若葉の頃
- 2016/05/25(Wed) -
山では新緑から若葉に変わり、眼にしみる頃だろう思い、ヤマセミさんに会いに何回か出かけました。
しかし、遠くの方ばかりで水浴びをして近くにはやってきません。

そこで、水浴び場を撮れる場所を代えて待っていると、ようやく雄のヤマセミさんがやって来ました。
2016-05 若葉のヤマセミ

早速、水浴びをした後、体を震わせながら水滴を飛ばしているしぐさをしています。
2016-05 若葉のヤマセミ (1)

こちらは雌のヤマセミさんです。同じ止まり木を利用して羽を丁寧につくろっています。
2016-05 若葉のヤマセミ (2)

その途中、上空に飛行機が飛んできたので、興味深々に見ていました。
2016-05 若葉のヤマセミ (3)

その後、また雄がやって来ました。雄、雌交互に同じ枝で水浴びをしています。
2016-05 若葉のヤマセミ (4)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  AC2 - 500mm
   カメラ       NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 833mm F4.40
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ