2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
アカショウビン - 2016 火の鳥 森と共に
- 2016/07/02(Sat) -
今年のアカショウビンは「青い森の国」に渡って来たのが大変早くて5月初旬のようです。
しかし、その後低温が続いたためか、活動が思わしくなく、私が撮影出来たのは6月下旬になってからでした。

苔生す太枝を歩く姿のアカショウビン。
2016- アカショウビン (2)

餌のモリアオガエルでも見つけたのか、いま飛び出そうとするアカショウビン。
2016- アカショウビン (4)

小枝の上でくつろんでいるようなアカショウビン。しかし、眼光だけはしっかり輝いています。
2016- アカショウビン (1)

くの字に曲がった太枝に止まり、餌でも探しているようです。
2016- アカショウビン (3)

大好物であるモリアオガエルを捉え、美味しそうに食事するアカショウビン。
2016- アカショウビン
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 850mm F4.47
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン-2015 大樹に寄り添う
- 2015/06/26(Fri) -
アカショウビンは青い森の国へ渡って来て約1カ月になりました。
この頃になるとペアが決まって子育ての体力を育むため、食事量も多くなるので撮影機会が上がってきます。

アカショウビンの止まり木は小枝が好きですが、時には大きな大樹に寄り添うように止まることがあります。
今回はこのような状況を集めてみました。

朝日が神秘な森の葉と葉の間から差し込む瞬間、アカショウビンが苔むす古木に止まっています。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (1)

森の奥深く苔むす大樹の上で休息しているアカショウビン。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (2)

寄らば大樹の傍的なアカショウビン。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (3)

これは大樹からU字型に出ている太枝に止まり、外敵からのカモフラージュに利用しているようです。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (4)

食事する時にも外敵から身を守るため大樹の陰を利用しています。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (5)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ-510mm
   AFレンズ  DLB30-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 864mm F5.61
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン-2015  真っ赤な「火の鳥」
- 2015/06/09(Tue) -
今年も「火の鳥」アカショウビンが無事に青い森に帰って来ました。
昨年7月以来、10ヵ月ぶりの再会です。

キョロローン、キョロローンと鳴いた後、早速出て来てくれて嬉しいです。真っ赤に燃えるような色が大変綺麗です。
2015 アカショウビン (1)

餌場でも恋人を呼んでいるのかキョロローン、キョロローンと鳴いていました。
2015 アカショウビン (2)

静かな青い森の片隅で佇む姿も誠に美しい。
2015 アカショウビン (3)

森の奥深くまで陽が差し込んだ一本木の先端に止まり、キリリとした姿は凛々しくも感じられます。
2015 アカショウビン (4)

餌場で食料を探していますが、尻尾をキリットを上げたポーズも大変絵なり美しい。
2015 アカショウビン (5)
このように美しく綺麗な姿のアカショウビンが、いつまでも青い森に遥々東南アジアから渡って子育てする環境を、大切に保存していかなければならないと感じている1人です。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ-510mm
   AFレンズ  DLB30-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 864mm F5.61
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン-2014~終盤の頃
- 2014/07/17(Thu) -
火の鳥アカショウビンは子育ても終盤に入る時期になったと思われる7月15、16日の2日間、今季最後の撮影に行ってきました。
給餌が終わりに近づき餌取り場に出て来る回数も少なくなるので、欲張らず希望の止まり木に3カット撮影できれば良しと思っていました。

天気が2日間とも曇りの時間帯が多かったため、大樹の下は暗くてSSが上がりませんでした。

アカショウビンに思いが伝わったのか、第一に希望した止まり木に止まったアカショウビン (思いが伝わる訳がない)
希望止まり木 (1)

希望の止まり木に止まってくれたアカショウビン
希望止まり木 (2)

三番目に希望した止まり木に止まってくれたアカショウビン
希望止まり木 (3)

思いも寄らず近くの枝に止まってくれたアカショウビン
2014アカショウビン~終盤の頃 (4)

前の枝から移動したアカショウビン
2014アカショウビン~終盤の頃 (3)

水浴びをしようとしているアカショウビン
2014アカショウビン~終盤の頃 (1)

「ヘンナオジサン」 がいると私を警戒して、ツタに覆われた大樹の上から 「尻を隠して頭隠さず」 のアカショウビン
2014アカショウビン~終盤の頃 (2)

撮影機材 : 自作アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ510mm
   AFユニット SIGMA 70-300mm
   AFレンズ  AC2-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   合成焦点距離      413mm F5.37
   35mm換算焦点距離  827mm F5.37(1.3クロップ)
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン -2014 「火の鳥」
- 2014/06/07(Sat) -
本年も「火の鳥 アカショウビン」に会いたくて出かけました。
早朝からキョロロローン、キョロロローンと遠くで鳴き声が聞こえてきます。

遠い国、東南アジア方面から青森まで子育てのために渡って来るものだなと感動します。

そんなことを考えていると、音もなくスーと枝に止まっていました。全身燃えるような赤色で大変綺麗です。
最初は手が震えてシッターを切れませんでした。
2014年 (1)

遠くの小枝に雄と雌が並んで止まり愛の契りを交わしているかのようです。
2014年(2)

この写真は近くの枝に止まってくれたアカショウビンです。
2014年 (3)

この時は風が強く吹いていたため、枝が上下に動くので振り落とされないようバランスをとっているようです。
2014年 (4)

餌を探して周りを見回しているアカショウビン。
2014年 (5)

この写真も近くに止まってくれたアカショウビン
2014年 (6)

撮影機材 : 自作アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ510mm
   AFユニット SIGMA 70-300mm
   AFレンズ  AC2-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   合成焦点距離      413mm F5.37
   35mm換算焦点距離  827mm F5.37(1.3クロップ)
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ