2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
タンチョウ-2014 北の大地で華麗に舞う 
- 2014/02/25(Tue) -
今冬も北の大地 釧路の白銀の地で優雅にそして華麗に舞うタンチョウに会うため、1月25日から31日までの6泊7日の撮影に出かけました。

この期間は最近になく積雪が少なく、気温も最低-11度、日中は0度位で非常に温かく、雪の日や雨まで降る日があって快晴の日が2日間でしたが、タンチョウさんは活発に清楚に活動していました。

まず、鶴居村の伊藤サンクチュアリのタンチョウさんを紹介します。

快晴の青天をゆっくりと飛翔するタンチョウ
大空を飛翔するタンチョウ

ネグラから飛翔し給餌場に降り立とうとするタンチョウ
給餌場に降り立とうとするタンチョウ

食事後には優雅にそして華麗に求愛ダンスをするタンチョウ 1
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ (1)

求愛ダンス 2
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ (2)

求愛ダンス 3
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ (3)

一瞬、何かに驚いたのか100羽位が一斉に飛び立つ瞬間
何かに驚いたのか一斉に飛び立つタンチョウ

求愛ダンス 4
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ (4)

求愛ダンス 5
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ (5)

求愛ダンス 6
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ (6)

二組のつがいが一緒に共鳴きするタンチョウさんたち-友達を呼んでいるのか?
二組のつがいが共鳴きするタンチョウ

夕暮れになると近くの雪裡川へネグラを求めて帰るタンチョウさんたち(菊池牧場さんから撮影)
夕焼けの中ネグラに帰るタンチョウ

北の大地の銀世界に立つ国の天然記念物であるタンチョウは華麗で清楚で美しく、優雅に舞う姿を何時までも保護していく必要があると思っています。
冬期間の間、毎日餌を与えている日本野鳥の会はじめ関係各位の皆様方に感謝を申し上げます。

2014-その2では阿寒タンチョウ観察センターで、タンチョウとオオワシやオジロワシとの餌をめぐる格闘を掲載しています。

使用機材
地上用 : カメラ : NIKON D7000 
          レ ンズ : SIGMA 150-500mm F5-6.3 APO DG 
                     OS 三脚使用
上空用 : カメラ : NIKON D80 
          レンズ : NIKKOR AF80-200mm F2.8D ED 
                     1.4倍テレコン使用 、手持撮影


この記事のURL | タンチョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンチョウ-2014 オジロワシとの格闘 
- 2014/02/25(Tue) -
白銀の大地 釧路のタンチョウ-2014 その1 では鶴居村の伊藤サンクチュアリのタンチョウをアップしていますが、その2では阿寒タンチョウ観察センターでオオワシやオジロワシとの餌をめぐって格闘するタンチョウをアップしています。

阿寒タンチョウ観察センターではタンチョウに餌として生きたウグイを与えています。そのウグイを狙って、オオワシやオジロワシが集まってきます。

ウグイを与えるとすぐオジロワシが餌を狙って飛翔します。この日オジロワシは5羽集まっていました。
タンチョウの餌を狙うオジロワシ

タンチョウから餌を横取りするオジロワシ 1
餌を横取りするオジロワシ 1

餌を横取りするオジロワシ 2
餌を横取りするオジロワシ 2

この日、オオワシは2羽集まっていましたが、オジロワシのようにタンチョウからウグイを横取りする行為はしませんでした。遠くの樹木に止まり様子を見ています。オジロワシ2羽も一緒に様子を見ています。
タンチョウの餌を狙っているオオワシと2羽のオジロワシ

オオワシが遠くで飛びながら餌を狙っているようですが、タンチョウの所に突っ込む様子はありません。
タンチョウの餌(活ウグイ)を狙うオオワシ

オオワシは近くに飛翔することがなかったため、写真が小さくてゴメンナサイ。また、タンチョウとオジロワシとの格闘も瞬間的で的確にフォーカスすることが出来ませんでした。

使用機材
     カメラ : NIKON D7000 
          レンズ : SIGMA 150-500mm F5-6.3 APO DG 
                     OS 三脚使用

この記事のURL | タンチョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンチョウ-2013 白銀に舞う
- 2013/01/27(Sun) -
今年も各地で大雪と大寒波が続き厳しい日々が続いています。
しかし、北の大地 釧路では国の天然記念物タンチョウは元気で活発に活動しています。

雪が降る頃になると、北の大地の銀世界に立つ清楚で美しい姿に出会うため、今年は1月6日から12日までの日程で釧路市阿寒町・鶴居村へタンチョウの撮影旅行に出かけました。

まず、鶴居村周辺で撮影した写真を掲載します。

タンチョウのネグラである雪裡川では朝日が昇る7時すぎにはタンチョウも目覚めて活動を始める。この日は外気温が-25℃であったため、川霧が多すぎてタンチョウの姿を隠していた。 (音羽橋より)
寝ぐらの音羽橋下流で目覚めるタンチョウ

ネグラから給餌場である鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリに飛翔して来たタンチョウたち 。
寝ぐらから給餌場に飛翔して来たタンチョウ

給餌場に降立ったタンチョウたち。
寝ぐらから給餌場に降り立ったタンチョウ

朝9時頃に給餌場に着くと自分たちの居場所を伝えるように大声で鳴く。外気温が-15℃位なので鳴く息が白い。
気温が低いため鳴くと息が白い

仲間たちと連絡でもしているように鳴く。
仲間達に居場所を伝えるタンチョウ

食事の後は、静かに休んだり優雅に求愛ダンスを華麗に披露する。
求愛ダンス 10

華麗な舞で求愛する姿は美しい。
求愛ダンス 2 (2)

まるで恋人同士が愛を確かめるように共鳴きをしている。
共鳴きするタンチョウ

朝日を浴びて輝く恋人たち。
求愛ダンス 3

鳥の貴婦人と云われるタンチョウの舞いに心が奪われるようです。
求愛ダンス 4

給餌場に珍客のキタキツネが現れた。
伊藤サンクチュアリーに来客したキタキツネ

夕刻が迫ると仲間同士がネグラへ急ぎ飛翔する。(菊池牧場さんから撮影)
寝ぐらに帰るタンチョウ達

夕日を浴びてシルエットに輝くタンチョウたち。 (菊池牧場さんから撮影)
夕刻が迫ると寝ぐらへ帰るタンチョウ達

次は、阿寒町タンチョウ観察センターでの撮影です。
このセンターでは午後2時にタンチョウの餌として、川魚のウグイの生餌を与えています。

そのウグイを狙ってオジロワシやオオワシなどの猛禽類が集まってきます。
そこで、タンチョウは餌を取られないよう猛禽類と格闘する姿を見ることができます。

午後2時前になると食事時間に合わせ飛翔して来るタンチョウたち。
仲間同士の青天飛翔

夫婦らしいタンチョウたちも集まって来ました。
夫婦の青天飛翔

飛翔して来た若タンチョウ。
青天飛翔

給餌されたウグイの生餌を狙うオジロワシ。
餌取りを狙うオジロワシ

オジロワシを追い払うタンチョウたち。
オジロワシを追い払うタンチョウ

オジロワシと格闘するタンチョウ。
オジロワシとの格闘

タンチョウからウグイを掠め取ったオジロワシ。ピントが甘くてごめんなさい。
ウグイの生餌をかすめ取ったオジロワシ

この日は、オジロワシ5羽、トンビ10羽でオオワシは残念ながら確認できませんでした。
また、カラスたちが多く飛来して撮影に支障来たす状況でした。
 
使用機材
地上用 : カメラ : NIKON D7000 
          レンズ : SIGMA 150-500mm F5-6.3 APO DG 
                     OS 三脚使用
上空用 : カメラ : NIKON D80 
          レンズ : NIKKOR AF80-200mm F2.8D ED 
                     1.4倍テレコン使用 、手持撮影

この記事のURL | タンチョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンチョウ-2012 北の大地に舞う
- 2012/08/20(Mon) -

2011年12月と2012年2月の2回、北海道釧路へタンチョウの撮影に行ってきました。

1回目は先輩諸氏のブログを参考にさせて頂き、下見をするつもりで撮影に臨みましたが、気温がマイナス20℃位で寒くて寒くて撮影に専念することができず散々な目にあいました。

そこで、2カ月かけて新たな撮影機材と寒さ対策の服装を整えて2回目に挑戦しました。 

早朝にネグラから環境庁が用意している餌場に飛翔して来るタンチョウたち  親子はいつも一緒に行動しています
餌場にに飛翔するタンチョウ

餌場で優雅に食事するタンチョウ
優雅に食事するタンチョウ

愛の絆を深めるタンチョウ
愛の絆を深めるタンチョウ


華麗に求愛ダンスするタンチョウ
優雅に求愛ダンスをするタンチョウ

優雅に愛のポーズを決めるタンチョウ
愛のポーズをするタンチョウ

タンチョウの凛とした姿は、鳥の概念を超え北の大地「北海道」の大自然の中に存在 する「神」の領域であると言われています。

今後も、「神」を信じて厳冬期の真っ白な大地で華麗に舞うタンチョウに逢いに行きたいと思ってい ます。  
   
撮影機材は、求愛ダンスなどの地上用と青天飛行などの上空用の二丁拳銃で、シャッタースピード優先モードss1/1000以上で撮影しています。

地上用 : カメラ : NIKON D7000 
          レンズ : SIGMA 150-500mm   F5-6.3 APO DG   
                    OS    三脚使用
上空用 : カメラ : NIKON D80  
          レンズ : NIKKOR AF80-200mm   F2.8D ED
                   1.4倍テレコン使用 、手持撮影

この記事のURL | タンチョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |