2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
ヤマセミ 2017 - セスナの来襲に ビックリ (*_*)
- 2017/06/21(Wed) -
6月のある日、ヤマセミさん撮影の出来事でした。
朝から3時間ヤマセミさんとの出会いを期待してブラインドを張っていました。

ようやく雄のヤマセミさんがやって来ました。餌取りかな水浴びかなと期待感で胸がドキドキです。
ヤマセミ - 飛行機に驚く

ところが、あろうことか静寂な森にブーーーンと大きな爆音が聞こえて来ました。セスナ機が飛んで来たのです。
低空飛行してきたので驚いたヤマセミさんは、眼がセスナに釘付けになりました。
ヤマセミ - 飛行機に驚く (1)

ヤマセミさんの眼を見て下さい。ビックリした大きな眼が今にも落ちそうでしょう ???
ヤマセミ - 飛行機に驚く (2)

更に、首を180度回転して上空を飛ぶセスナ機を追って視ています。
こんな仕草には ・・・・・驚きです・・・・・ 超大型の猛禽とでも思っているのだろうか。
ヤマセミ - 飛行機に驚く (3) (1850x1232)
ヤマセミさんは脅威と感じたのか、飛んでしまってこの日は二度と会えませんでした。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 850mm F4.47
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ 2017 - 新緑の頃の水浴び
- 2017/05/19(Fri) -
青い森の国のお山では、新緑が輝かしく春真っ盛りです。
この頃になるとヤマセミさんは、抱卵の季節となり盛んに水浴びを繰り返します。

沼の水量がかなり多くて、昨年の止まり木が水没寸前の状態でした。

今年は何処で水浴びするか場所を探さなければなりませんが、とりあえずここで待機していると、 ケッ、ケッ、ケッ と飛んできて、運よく近くの枝に止まりました。

お腹の白い部分の羽毛を見て下さい、抱卵しているためかファファして異常に多いと感じませんか?
2017-若葉の頃の水浴び (4) (1700x1133)

ちょと休んだ後1.5mの水面に真っすぐにダイブして水浴びを始めました。
2017-若葉の頃の水浴び (5) (1700x1133)

水浴びのシーンは、水面にダイブした直後は飛沫と水面下のため何も見えないので、水から抜け出す瞬間を捉えています。
このシーンでは水面から抜け出した直後のため、まだ眼の瞬膜を張っています。
2017-若葉の頃の水浴び (1) (1600x1066)

抜け出してしまうと瞬膜を開けていますね。
2017-若葉の頃の水浴び (3) (1600x1067)

水浴びは3回から4回行って、丁寧に羽の毛繕いをして飛び立ちます。
2017-若葉の頃の水浴び (2) (1600x1068)

これは水面から抜け出したシーンで、この後すぐに止まり木に止まります。
2017-若葉の頃の水浴び (1550x1031)
水浴びシーンの撮影は、どこにダイブするか予想がつかず毎回位置が違うので、大量のボツ写真を生産してしまいました。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  BORG - 250mm
   テレコンレンズ TC-16A (AFユニット内に装着)
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 1,000mm(実測値) F5.90
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ-2016 若葉の頃
- 2016/05/25(Wed) -
山では新緑から若葉に変わり、眼にしみる頃だろう思い、ヤマセミさんに会いに何回か出かけました。
しかし、遠くの方ばかりで水浴びをして近くにはやってきません。

そこで、水浴び場を撮れる場所を代えて待っていると、ようやく雄のヤマセミさんがやって来ました。
2016-05 若葉のヤマセミ

早速、水浴びをした後、体を震わせながら水滴を飛ばしているしぐさをしています。
2016-05 若葉のヤマセミ (1)

こちらは雌のヤマセミさんです。同じ止まり木を利用して羽を丁寧につくろっています。
2016-05 若葉のヤマセミ (2)

その途中、上空に飛行機が飛んできたので、興味深々に見ていました。
2016-05 若葉のヤマセミ (3)

その後、また雄がやって来ました。雄、雌交互に同じ枝で水浴びをしています。
2016-05 若葉のヤマセミ (4)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  AC2 - 500mm
   カメラ       NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 833mm F4.40
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ 2016 - 新緑の頃
- 2016/05/10(Tue) -
連休が終わったし、山では眩い新緑が最高のここと思い、ヤマセミさんに会いたくて出かけました。
早朝から目指す止まり木に止まってくれればいいなーと待っていると ????

1時間後、やって来ましたが手前の水面に近い倒木のような枝に止まりました。全面的に枝かぶり。
ヤマセミ 2016-新緑の頃

3分位後、後ろの目指す止まり木に移りました。やったぁーーー
ヤマセミ 2016-新緑の頃 (1)

きょろきょろと回りを見渡しながら、毛づくろいを始めまたり上空の気配をうかがったしています。
ヤマセミ 2016-新緑の頃 (2)

いきなり、ダイビングして餌取りをしましたが、失敗・・・・・
ヤマセミ 2016-新緑の頃 (4)

ダイビング後は止まり位置を変えて3回行ったが全て失敗・・・・・あきらめたのか別の場所に移動してしまいました。
ヤマセミ 2016-新緑の頃 (3)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500mm
   カメラ       NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 850mm F4.47
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ-2015 幼鳥独り立ちの試練
- 2015/07/28(Tue) -
ヤマセミの子育てが順調に進んでいれば、巣離れしている時期なので幼鳥に逢いたくて出かけました。

待つこと1時間30分、雌の親鳥がやって来ました。しきりに周囲を見渡して警戒をしていました。
2015-安全かな外敵はいないかな

安全の確認が済むと、ケケケケと鳴いて「坊やここにおいで」と幼鳥を呼び始めました。
2015-坊や、ここにおいで

幼鳥も鳴きながら「ハ~イ、ママ来たよ、お腹が空いたよ」と餌をねだっていました。右が母鳥、左が幼鳥
幼鳥のオス、メスの判別は不明。
2015-ハイ、ママ来たよ、お腹すいたよ

母鳥は幼鳥をジート見ながら、お腹が空いたら自分で餌を捕る練習をしなさいと言っているように見えました。
2015-自分で餌を捕る練習しなさい

母鳥はそう言い聞かせると、幼鳥を置き去り遠くに飛んで居なくなりました。
幼鳥は飛んだ方向を目で追いながら「あ~~~あ、ママが行っちゃった」と言っているようです。
2015-あ~~あ、ママが行っちゃった

幼鳥は「どうしよう、寂しいな~」としょんぼりして長い間座り込んでしまいましたが、気を取り戻してママが飛んで行った方向の後を追って飛び去りました。
2015-どうしよう
母鳥の安全確認から幼鳥が飛び去るまで27分間のドラマでした。しかし、幼鳥が1羽だけとは疑問です別の子はどうしているのだろう。
幼鳥には大変厳しい試練であると感じました。ヤマセミの幼鳥さんガンバッテ下さい。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ-510mm
   AFレンズ  DLB30-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 864mm F5.61
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ