2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
アカショウビン 2017 - 水浴び
- 2017/06/21(Wed) -
六月も中旬になり、天候も回復して気温が上がって来ました。
アカショウビンさんたちは、この時期どうしているのだろうと思い、お山に行ってきました。

アカショウビンさんは朝食を摂った後、水辺に降りて来て水浴びを始めました。羽を綺麗にするためでしょうか。
2017-アカョウビン-水浴び

顔にピントが合っていますが翼はさすがに流れています。
2017-アカョウビン-水浴び (1)

手前の古木の根に止まろうとする瞬間です。満足そうな顔をしています。
2017-アカョウビン-水浴び (2)

これは2回目の水浴びですがピンが来ていない・・・・・悪しからず
2017-アカショウビン-水浴び(3) (1750x1164)

それでも大きく羽を広げた姿は、水浴びした後の状況が分かりやすいと思いませんか ?????
2017-アカショウビン-水浴び(4) (1850x1234)
手前の小枝が邪魔していますが、自然のままですのでご理解下さい。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 850mmF4.47
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン 2017 - 六月の雨
- 2017/06/15(Thu) -
今年も青い森の国へ、アカショウビンが東南アジヤ地域から渡って来てくれました。
六月に入ったら雨の日が多く、ようやく、この日の天気は曇りと予報されていたので会いにいきました。

しかし、お山は一日中小雨、時には大粒、更に寒くて森の中は暗い状況でした。
それでもアカショウビンは元気に会いに来てくれました。
2017-アカショウビン-六月の雨 (1)

苔生した中太の枯れ枝に止まり、廻りをキョロキョロと見ながら警戒しているようです
2017-アカショウビン-六月の雨 (4)

食事の獲物を探しているのか池の周りを見ています
2017-アカショウビン-六月の雨 (3)

探し場所の移動中、なんと、5m近くまで寄って来てくれました
2017-アカショウビン-六月の雨 (2)

枯れた太幹の天辺に止まり、移動場所でも探しているようでした
2017-アカショウビン-六月の雨
森の中は暗いので、ISOが上がりノイズが最高に出ています・・・・・・悪しからず

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  AC2 - 500mm
   テレコンレンズ TC-16A (AFユニット内に装着)
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 1,200mm(実測値) F6.61
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン - 2016 火の鳥 森と共に
- 2016/07/02(Sat) -
今年のアカショウビンは「青い森の国」に渡って来たのが大変早くて5月初旬のようです。
しかし、その後低温が続いたためか、活動が思わしくなく、私が撮影出来たのは6月下旬になってからでした。

苔生す太枝を歩く姿のアカショウビン。
2016- アカショウビン (2)

餌のモリアオガエルでも見つけたのか、いま飛び出そうとするアカショウビン。
2016- アカショウビン (4)

小枝の上でくつろんでいるようなアカショウビン。しかし、眼光だけはしっかり輝いています。
2016- アカショウビン (1)

くの字に曲がった太枝に止まり、餌でも探しているようです。
2016- アカショウビン (3)

大好物であるモリアオガエルを捉え、美味しそうに食事するアカショウビン。
2016- アカショウビン
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 850mm F4.47
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(1) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン-2015 大樹に寄り添う
- 2015/06/26(Fri) -
アカショウビンは青い森の国へ渡って来て約1カ月になりました。
この頃になるとペアが決まって子育ての体力を育むため、食事量も多くなるので撮影機会が上がってきます。

アカショウビンの止まり木は小枝が好きですが、時には大きな大樹に寄り添うように止まることがあります。
今回はこのような状況を集めてみました。

朝日が神秘な森の葉と葉の間から差し込む瞬間、アカショウビンが苔むす古木に止まっています。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (1)

森の奥深く苔むす大樹の上で休息しているアカショウビン。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (2)

寄らば大樹の傍的なアカショウビン。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (3)

これは大樹からU字型に出ている太枝に止まり、外敵からのカモフラージュに利用しているようです。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (4)

食事する時にも外敵から身を守るため大樹の陰を利用しています。
2015 アカショウビン 大樹に寄り添う (5)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ-510mm
   AFレンズ  DLB30-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 864mm F5.61
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン-2015  真っ赤な「火の鳥」
- 2015/06/09(Tue) -
今年も「火の鳥」アカショウビンが無事に青い森に帰って来ました。
昨年7月以来、10ヵ月ぶりの再会です。

キョロローン、キョロローンと鳴いた後、早速出て来てくれて嬉しいです。真っ赤に燃えるような色が大変綺麗です。
2015 アカショウビン (1)

餌場でも恋人を呼んでいるのかキョロローン、キョロローンと鳴いていました。
2015 アカショウビン (2)

静かな青い森の片隅で佇む姿も誠に美しい。
2015 アカショウビン (3)

森の奥深くまで陽が差し込んだ一本木の先端に止まり、キリリとした姿は凛々しくも感じられます。
2015 アカショウビン (4)

餌場で食料を探していますが、尻尾をキリットを上げたポーズも大変絵なり美しい。
2015 アカショウビン (5)
このように美しく綺麗な姿のアカショウビンが、いつまでも青い森に遥々東南アジアから渡って子育てする環境を、大切に保存していかなければならないと感じている1人です。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ-510mm
   AFレンズ  DLB30-500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 864mm F5.61
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ