2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
オオルリ -2016 桜満開に舞う
- 2016/05/04(Wed) -
青い森の国にも春がやって来ました。
ソメイヨシノが満開の公園にはオオルリが東南アジアから渡ってきていました。
2016-オオルリ (2)

ヤマザクラはソメイヨシノよりちょっと遅れて咲くようです。
2016-オオルリ (678x498)

渡って来て間もない頃は低い枝から地表面の餌を採るため、撮影者には非常に撮りやすい期間です。
2016-オオルリ (4)

今年のオオルリはヤマザクラが咲き揃う頃には高い山の方へ引っ越しするでしょう。
2016-オオルリ (1)

背と頭がブルー、お腹が白で大変きれいな小鳥ですね。顔は黒ですが。
2016-オオルリ (3)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 71FL-400mm
   レデューサー  AC2 - 500mm
   カメラ       NIKON  D7100
   35mm換算焦点距離 616mm F3.91
手持撮影
この記事のURL | オオルリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオルリ-2014 日本三鳴鳥
- 2014/05/03(Sat) -
青森も本年は天候が良かったせいか桜の開花が順調に進んでいます。
桜が咲き始める頃には日本三鳴鳥の「オオルリ」が東南アジアから青森にも渡ってきます。

いつもの公園に撮影に出かけましたが、オオルリの姿が見当たりません。
根気よく探すとやっぱり渡ってきていました。しかし、個体数が昨年より極端に少なく、雄は3羽しか確認できませんでした。

オオルリは顔が黒いので表情がよく判りませんね
オオルリ-2014 (1)

背がコバルトブルーに輝いてカワセミと同様に大変綺麗です
この個体はしきりに尾を上下して求愛ポーズをとっています
オオルリ-2014 (7)

長旅の疲れもみせず私を警戒しています
オオルリ-2014 (2)

他のオオルリの位置を確認しているのか、しきりに周りを見回していました
オオルリ-2014 (6)

桜の枝に止まり桜の花との共演です
オオルリ-2014 (4)

桜色とオオルリのコバルトブルーは実に素晴らしい
オオルリ-2014 (3)

草木の緑色との配色もいいですね
オオルリ-2014 (5)

オオルリは一週間位で公園から標高の高い山に移動するようです。

撮影機材 : 自作アクロマートAFシステム
   対物レンズ BORG 77EDⅡ510mm
   AFユニット SIGMA 70-300mm
   AFレンズ  AC2 - 500mm
   カメラ    NIKON  D7100
   合成焦点距離      304mm F3.95
   35mm換算焦点距離  609mm F3.95(1.3クロップ)
この記事のURL | オオルリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオルリ-2013 輝くコバルトブルー
- 2013/05/13(Mon) -
5月上旬、いつもの公園で撮影した「オオルリ」をアップします。
オオルリは、ウグイス、コマドリと並んで日本三名鳥と云われている小鳥です。

前日、偶然オオルリの雌らしい小鳥を見たので、確認するため出かけました。
すると、いきなり鮮やかなコバルトブルーの小鳥です。オオルリです。
オオルリ (9)

この個体は成鳥のようですが、警戒心が弱く撮影枚数も多くなりました。
綺麗です。朝日に輝くコバルトブルーはカワセミに劣らず綺麗です。
オオルリ (2)

日本三鳴鳥のはずですが、さえずりは聞こえませんでした。
オオルリ (8)

警戒心が強いオオルリもいて、なかなか撮影させてもらえない。カメラを向けるとすぐ隠れるので小枝がかぶっています。
オオルリ (4)

このオオルリは尾を上げてポーズをとっています。
オオルリ

オオルリは雀位の大きさで、ピント合わせに苦労します。この個体は若のようです。
オオルリ (6)

前面からみると顔が黒いので、表情がよく判りません。
オオルリ (7)

手持用望遠アクロマートAFシステム
  対物レンズ BORG 50FL
  AFユニット SIGMA 70-300mmニコン用×1.4倍テレコン
  AFレンズ  DLB-500PM 500mm
  カメラ    D7000
  合成焦点距離     310mm F6.2
  35mm換算焦点距離 620mm F6.2
この記事のURL | オオルリ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |