2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
アカショウビン 2017 - 水浴び
- 2017/06/21(Wed) -
六月も中旬になり、天候も回復して気温が上がって来ました。
アカショウビンさんたちは、この時期どうしているのだろうと思い、お山に行ってきました。

アカショウビンさんは朝食を摂った後、水辺に降りて来て水浴びを始めました。羽を綺麗にするためでしょうか。
2017-アカョウビン-水浴び

顔にピントが合っていますが翼はさすがに流れています。
2017-アカョウビン-水浴び (1)

手前の古木の根に止まろうとする瞬間です。満足そうな顔をしています。
2017-アカョウビン-水浴び (2)

これは2回目の水浴びですがピンが来ていない・・・・・悪しからず
2017-アカョウビン-水浴び (3)

それでも大きく羽を広げた姿は、水浴びした後の状況が分かりやすいと思いませんか ?????
2017-アカョウビン-水浴び (4)
手前の小枝が邪魔していますが、自然のままですのでご理解下さい。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB30 - 500PM
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 850mm(実測値) F4.47
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカショウビン 2017 - 六月の雨
- 2017/06/15(Thu) -
今年も青い森の国へ、アカショウビンが東南アジヤ地域から渡って来てくれました。
六月に入ったら雨の日が多く、ようやく、この日の天気は曇りと予報されていたので会いにいきました。

しかし、お山は一日中小雨、時には大粒、更に寒くて森の中は暗い状況でした。
それでもアカショウビンは元気に会いに来てくれました。
2017-アカショウビン-六月の雨 (1)

苔生した中太の枯れ枝に止まり、廻りをキョロキョロと見ながら警戒しているようです
2017-アカショウビン-六月の雨 (4)

食事の獲物を探しているのか池の周りを見ています
2017-アカショウビン-六月の雨 (3)

探し場所の移動中、なんと、5m近くまで寄って来てくれました
2017-アカショウビン-六月の雨 (2)

枯れた太幹の天辺に止まり、移動場所でも探しているようでした
2017-アカショウビン-六月の雨
森の中は暗いので、ISOが上がりノイズが最高に出ています・・・・・・悪しからず

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  AC2 - 500mm
   テレコンレンズ TC-16A (AFユニット内に装着)
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 1,200mm(実測値) F6.61
三脚使用
この記事のURL | アカショウビン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマセミ 2017 - 新緑の頃の水浴び
- 2017/05/19(Fri) -
青い森の国のお山では、新緑が輝かしく春真っ盛りです。
この頃になるとヤマセミさんは、抱卵の季節となり盛んに水浴びを繰り返します。

沼の水量がかなり多くて、昨年の止まり木が水没寸前の状態でした。

今年は何処で水浴びするか場所を探さなければなりませんが、とりあえずここで待機していると、 ケッ、ケッ、ケッ と飛んできて、運よく近くの枝に止まりました。

お腹の白い部分の羽毛を見て下さい、抱卵しているためかファファして異常に多いと感じませんか?
2017-若葉の頃の水浴び (4) (1700x1133)

ちょと休んだ後1.5mの水面に真っすぐにダイブして水浴びを始めました。
2017-若葉の頃の水浴び (5) (1700x1133)

水浴びのシーンは、水面にダイブした直後は飛沫と水面下のため何も見えないので、水から抜け出す瞬間を捉えています。
このシーンでは水面から抜け出した直後のため、まだ眼の瞬膜を張っています。
2017-若葉の頃の水浴び (1) (1600x1066)

抜け出してしまうと瞬膜を開けていますね。
2017-若葉の頃の水浴び (3) (1600x1067)

水浴びは3回から4回行って、丁寧に羽の毛繕いをして飛び立ちます。
2017-若葉の頃の水浴び (2) (1600x1068)

これは水面から抜け出したシーンで、この後すぐに止まり木に止まります。
2017-若葉の頃の水浴び (1550x1031)
水浴びシーンの撮影は、どこにダイブするか予想がつかず毎回位置が違うので、大量のボツ写真を生産してしまいました。

撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  BORG - 250mm
   テレコンレンズ TC-16A (AFユニット内に装着)
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 1,000mm(実測値) F5.90
三脚使用
この記事のURL | ヤマセミ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジョウビタキ 2017 - 春の日差しに輝く
- 2017/04/08(Sat) -
4月になって積雪も消え、我が「青い森の国」にも春がやって来ました。
比較的暖かい日差しが感じらたので、海辺の小鳥たちを観に行きました。

日が照っていたが、いきなり小雨が降って来たので東屋に駆け込んで雨宿りしていると、小鳥たちもちょと驚いている様子でした。

驚いていた小鳥はジョウビタキたちでした。
2017-04 ジョウビタキ

ジョウビタキたちは5~6羽の小集団で行動しています。日差しを受けると頭から首の銀灰色が飛びますね。
2017-04 ジョウビタキ (1)

大きさはスズメよりちょと小さめで、胸から腹部は茶褐色の綺麗な小鳥です。
2017-04 ジョウビタキ (3)

こちらはメスですが、メスも大変綺麗な色をしている小鳥ですね。
2017-04 ジョウビタキ (2)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 71FL-400mm
   レデューサー  DLB - 500mm
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 510mm F4.42
手持ち撮影
この記事のURL | ジョウビタキ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オジロワシ 2017 - まもなく北帰行
- 2017/04/02(Sun) -
3月の小雪が舞う日にオジロワシさんを観に出かけました。

河川に張った消えかかった氷結に乗って、こちらを警戒しているオジロワシさん。
2012017-オジロワシ- (5) (2000x1333)

カメラが脅威なのか数枚撮ったらすぐに飛んでしまう。
2017-02-26 オジロワシ-010 (2400x1601)

こちらのオジロワシさんはシャイなのか、木立の枝に隠れてこちらを警戒していた。
2012017-オジロワシ- (4) (1386x923)

やっぱり同じように飛んでしまった。
2012017-オジロワシ- (2) (2000x1331)

飛んだ2羽のオジロワシさんは、仲良く小雪が舞う大空を優雅にダンスをしているようだ。
2017-02-26 オジロワシ-024 (2300x1534) (1900x1267)

長い間、仲良く舞っていたが、間もなく北帰行すると寂しくなりますね。
2017-02-26 オジロワシ-025 (2400x1602)
撮影機材 : アクロマートAFシステム
   マスターレンズ BORG 90FL-500mm
   レデューサー  DLB - 500mm
   カメラ       NIKON  D500
   35mm換算焦点距離 638mm F4.47
手持ち撮影
この記事のURL | オジロワシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ