FC2ブログ
2018 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 02
オオワシ 2019 - ストレッチ (1)
- 2019/01/14(Mon) -
寒さが厳しくなって来る小寒から一週間が過ぎました。
昨日までの雪が止んで、今日は快晴で風も無く絶好のオオワシ日和となりました。
しかし、気温は-5℃でとても寒い。

早速、今年もいつもの所にいつものオオワシが止まって獲物を探してしいました。
2019-オオワシストレッチ-1 (4)

厳しい目、さすが日本一大きい猛禽で威厳が感じられるが、非常に美しい。
2019-オオワシストレッチ-1 (3)

長い時間電柱の上で獲物探しをしていると、体が萎縮するのか時々ストレッチを行います。
2019-オオワシストレッチ-1

尾を上げて羽を少し広げています。カッコいいね。
2019-オオワシストレッチ-1 (1)

ストレッチの形が最高潮の状態です。
2019-オオワシストレッチ-1 (2)
撮影機材 : Nikon D500 & アクロマートAFシステム
       マスターレンズ BORG 90FL - 500mm
        レデューサー AC2 - 500mm
        35mm換算焦点距離 650mm F4.46
半手持ち撮影
この記事のURL | オオワシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミコアイサ 2019 - パンダのような水鳥
- 2019/01/12(Sat) -
冬鳥を捜して移動していると、沼や池などの流れが無い水場は全面凍結していました。
最近の最低気温が氷点下5℃を下回る日もありましたからね。

しかし、沼の一部分が凍っていない場所があって、そこでは多くの水鳥がゆっくりと泳いでいました。
よく観察していると、その水鳥の中に一羽だけ真っ白な鳥がいるのが目に付きました。

パンダカモと言われる「ミコアイサ」てす。1つがいで水に潜って食事をしていました。
ミコアイサ-2019

鳴き声を出しているようですが、遠くて聞こえません。
ミコアイサ-2019 (1)

食事中の合間に毛繕いをしています。白くて可愛い水鳥ですね。
ミコアイサ-2019 (2)

正面から見ると目の周りが黒いので、まるでパンタのシャンシャンとそっくりですね。
ミコアイサ-2019 (3)

ミコアイサはユーラシア大陸亜寒帯に生息していて、越冬のため日本に渡って来る水鳥だそうです。
ミコアイサ-2019 (4)
撮影機材 : Nikon D500 & アクロマートAFシステム
       マスターレンズ BORG 90FL - 500mm
        レデューサー AC2 - 500mm
        TC-16Aテレコンレンズ直付け       
        35mm換算焦点距離 1,300mm F7.09
半手持ち撮影
この記事のURL | ミコアイサ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンチョウ - 2019 優雅に求愛ダンス
- 2019/01/04(Fri) -
新年は、タンチョウたちの優雅で華麗な求愛ダンスがいいですね。

6カット連続でご覧ください。
2012-求愛ダンスするタンチョウ (1800x1206)

2012-求愛ダンスするタンチョウ (1) (1800x1207)

2012-求愛ダンスするタンチョウ (2) (1800x1208)

2012-求愛ダンスするタンチョウ (3) (1800x1206)

2012-求愛ダンスするタンチョウ (4) (1800x1207)

2012-求愛ダンスするタンチョウ (5) (1509x1645)
2012-北海道 鶴居村 伊藤タンチョウサンクチュアリにて
NIKON D80 / APO DG OS 150-500mm F5-6.3
三脚使用
この記事のURL | タンチョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タンチョウ 2019 - 新年にはタンチョウが似合う
- 2019/01/01(Tue) -
新年には縁起の良いタンチョウが似合います。
清楚な姿、優雅で美しく、日本を象徴する鳥ですからね。

夜が明けて気温が上昇してくると、ねぐらの河川から一面真っ白な雪原の伊藤サンクチュアリに、一斉に飛来して来ます。
2019-タンチョウ(1) (1700x1138)
                                               伊藤サンクチュアリ
降り立ったタンチョウたちは、仲間たちに自分たちはここに居るよと告げるように共鳴をします。
この時、気温がマイナス15℃以下位に下がった朝は、吐く息が真っ白に漂って見事な光景となります。
2019-タンチョウ (1700x1125)
                                                伊藤サンクチュアリ
ペアを組めそうな相手と見つめ合うタンチョウたち。
2019-タンチョウ(5)(1700×1138)
                                                 伊藤サンクチュアリ
ペアが成立するには求愛ダンスを繰り返し行い、愛情を深めていきます。
2019-タンチョウ (4) (1600x1133)
                                                 伊藤サンクチュアリ
陽が暮れる頃、タンチョウたちは真っ赤な夕日を浴びて、赤く染まりながら次々と雪裡川のねぐらに帰っていきます。
2019-タンチョウ (3) (2000x1324)
                                                     菊池牧場さん
NIKON D7000 / APO DG OS 150-500mm F5-6.3
三脚使用
この記事のURL | タンチョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオワシ 2018 - 今年もオオワシ飛来
- 2018/12/27(Thu) -
冬至も過ぎて、気象情報では年末寒波が来襲するニュースが頻りに流れています。
寒波来襲の前に、今年のオオワシの飛来状況を観に行くことにしました。

晴れたり曇ったり、小雨が降ったりの変わりやすい天気でしたが、気温は+3℃と暖かだった。
探索ルートのポイント廻りを続けましたがオオワシの姿は見当たりません。

今日はダメかと思いつつ、帰り際にもう一度寄ったところ、電柱に止まっていました。距離は130m、これ以上近づくと飛びます。・・・・ 今季初のオオワシです。
2018-今季初のオオワシ (2000x1328)

あっ、飛んだ、後ろ向きに飛んだ。最悪
2018-今季初のオオワシ (1) (1800x1196)

おっ、旋回してこっち方向に、向きを変え飛翔して来ました。
2018-今季初のオオワシ (2) (2000x1329)

だんだん少しづつカメラに向かって近づいて来ました。誰が、何をしに来たのか観察するため飛んで来たのかも知れません。カメラをしきりに見ている。
2018-今季初のオオワシ (4) (2000x1327)

カメラの周りをグルっと一周して、山裾に消えていきました。
2018-今季初のオオワシ (3) (2000x1334)
撮影機材 : Nikon D500 & アクロマートAFシステム
       マスターレンズ BORG 90FL - 500mm
        レデューサー AC2 - 500mm
        TC-16Aテレコンレンズ直付け       
        35mm換算焦点距離 1,300mm F7.09
手持ち撮影
この記事のURL | オオワシ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ